• 2008.12.31 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

年末ジャンボ宝くじ
1等の2億円は13組の191717番。2等の1億円は2本。46組の123077番、11組の146858番みたいですよ!
皆さん当選していたら何に使いますか?
私は家買って車買ってカメラとレンズ買って、それと竿!ですね・・・
当たるわけないか(汗)
本谷毛ばり釣り専用区
RICOH GR DIGITAL

AM2:30 天候と高速の夜間割引が気になり起床。
「4時台までしか割引対象じゃないし、今のうちに出て現地で寝るか。
天候も今のところ1mm/H程度だし、大した事ないかな。」
と強気な気持ちで出発進行!
途中セブンで眠眠打破を手に入れ脳にカンフル剤を注入。
この時間の高速は恐い・・・
省エネ運転を心がけながら走っていたんだが、お願いだから煽るのは止めて欲しい。

AM6:00 途中休みを入れたりだったので3時間ほどかかってしまった。
それにしても花園ICから遠い・・・途中で気持ちが萎えそうになった。

RICOH GR DIGITAL

「上野ふれあい館ってどこかな〜」
っとひた走っていたが、気付けば上野ダム手前。どう考えても行き過ぎ。
引き返してよく見ると通り過ぎていた。

AM8:30 受付開始。とても感じのいい受付の方でした。
管理棟の鍵を預かりいざ現地へ出発。

D80

AM9:00 開始!!管理棟前の15番から入渓。
いきなりいい感じのプールが目の前に広がっている。
「フライはどうしようかな〜、とりあえずパイロットフライはエルクヘアカディスの#12からいこうかな。」
第1投。ス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「お、イワナが浮上してきた!けど見切って引き返しちゃった・・・」
何度か流してみるが違うらしい。
エルクエアカディス#12→アダムス#12→エルクヘアカディス#18→アダムス#18→イマージャーパターン#12→アント#12・・・ダメだ。
ドライフライでは限界なのだろか?
ニンフは初めてだがやってみるしかない!
6番のティペットにヘアズイアニンフ#18を結び、30cmほど上にマーカーをつけていざ投入。
「食った!!すっぽ抜けた!!ガビーン」
その後反応なし。
ビーズヘッド等に替えてみるもあざ笑うかのように魚たちが走っていく。
結局3時間かけて30mも進まなかったんじゃないだろうか。
悔しくて粘ってしまった。そして最後はキャスティングの練習になってしまった。

雨も本降りになってきてレインウェアがびっしょりだ。
帰ろっかな。無念だ。

侵入許可証を返却にふれあい館へ立寄り、ちょっとした心遣いを頂き感謝しつつ帰宅の途へ。

山形旅行
D80
今年の夏休みは妻の祖母が住む山形へ。
時間に余裕があれば釣に行ってもいいよとの事だったため、一応トランクに道具を積み込んで行く。
AM3:30 山形へ向けてステアリングをきっていく。
遠いな〜、途中休憩を入れつつ現地に到着したのはAM10:30。
祖母宅へ着く前に昼食をとっていったんだが、雲行きがどんどん怪しくなり遂に豪雨。
天気予報も山形にいる間ずっと雨になってしまった・・・。
時々晴れ間がさすものの、すぐに雨雲が寄ってきて集中豪雨をもたらす。

D80

というわけで夏休みは釣に行けずじまいだったけど、24日(日)は釣に行ける事になった。感謝感謝。
さっそく本谷特設釣場へ電話して予約を入れてしまいました!
あ〜楽しみだな☆

家庭菜園


いや〜暑いな。
昨日の夕方はすごい土砂降りだったけど、今日は朝から猛暑だ。

我が家はベランダで家庭菜園をやっている。
といっても今はイタリアントマトとバジルとパセリの三つだけだけど。
昔からこういう事は好きでカイワレダイコンなんかは刺身が入っていたトレーに種を入れて水に浸したものをいくつも作ったりしていた。


実がなる植物ってのはやっぱり育てていて楽しい。
もう少し熟したらパスタにでも使おうかなと妻と話している。
二人ともこういうのが好きだから、将来は田舎に住むのも悪くないなんて話したり。

食料自給率40%の日本なので、自給自足が当たり前の日・・・なんて来ないだろうが、自分で育てた方が安心で美味しいですね。
次は茄子あたり挑戦してみようかなんて話しています。

そろそろ梅雨も明けそうな陽気だし、渓に出かけたいですね!


中津川釣行


6月7日(土)中津川支流

AM4:30 子どもの夜泣きで目を覚ます。
「ん、今何時だ? ゲッ、もう4時半だ。」
今日は3時に起きて前回のリベンジマッチに行く予定でいた。
とは言ってもまだ4時半だ。(前回の車止めに並ぶ車の列が頭をかすめる・・・)
ま、しょうがない。急いで出かけよう。
神奈川方面へアクセル全開。

AM6:00 塩水橋到着。解禁の日とは違って完全に夜が明けている。
「あ〜やっぱり。」
既に車止めのゲート前には既に15台程の車が並んでいる。
「やっぱ遅かったか。のんびり釣り上がるかな。」
急いで身支度を済ませ、足早にゲートをくぐる。
「ザ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
林道は昨日まで雨が降っていたのか濡れている。そして川は猛烈な勢いで流れている。「やばいな。この前は渇水。今日は増水。」
へっぽこな腕前の自分には竿を出す自信が出ない・・・
とりあえず上流の方に歩いて行こう。


昨日職場の先輩に「楽しんでこいよ!」と頂いた栄養ドリンク。
山道でへばったら出番だな。ずんずん山道を登って行く。


「おっ。み、道が・・・」
道幅4mくらいはあるところが3m近く崖崩れを起こしている。
「これは渡っていいものか?山側につかまれるものはあるか確認してみる。」
崖崩れ防止のネットが張ってあるが目が細かすぎて掴まれそうにない。
「しかしこれもかわいいヤマメちゃんに出会う試練だ!」
と足早に5m程渡りきる。
「あ〜崩れなくてよかった。(当たり前か)」
渡りきってすぐのところでキュハ沢との出会いが見えてくる。
「暗いなあ。」
ちょっと一人で入って行くには心細い。先に進もう。5分ほど登ったところで青い看板が見えてくる。
「なになに。林道終点。えっ!!!終点だって・・・」
これから下ってまた釣り上がるのもな。

AM9:30今日もボウズのまま断念か。無念。
    
しかしあれだけ車が停まっていたのに一人も釣り人を見かけなかったな。
いったいみんなどこにいたんだろ???

ゴールデンウィーク

今年のGWは山梨に2泊3日で行ってきました。
子供を連れての初めての旅行だったのでちょっとドキドキ。
泣きまくっていたらどうしようかと心配しましたが、終始笑顔でいい旅行でした。



富士五湖周辺はよく行くので今回はもう少し奥の方まで足を延ばし、南アルプス・甲斐市付近まで行ってきました。
途中山梨在住の大学時代の友人宅に寄り、そんなとこ行ってもつまらないよと言われつつやはり甲斐と言ったら【武田信玄】なので行ってきました。

武田神社です。

お茶屋さんの灰皿も洒落ていたので1枚パシャリ。

私としては十分楽しめた武田神社でした。
当日は武田信玄が産まれたという積翠寺近く積翠寺温泉の座忘庵に宿泊。
いい温泉でした。
さて明日から仕事頑張るか〜!
六義園

今日は家族3人で駒込の六義園に行ってきました。
ちょうどツツジのシーズンらしく、一眼レフを片手に歩かれている方が多くいらっしゃいました。
そんな中でもちろん私も5Dを手に園内をうろうろ。
なかなか被写体が定まらなかってですが、家族の写真と風景写真を何枚か撮影。

ついでに妻も何枚か撮影。「このカメラ難しい〜」って唸ってました。
確かに難しいです。
ちょこちょこ手を出して露出などに手を加えてあげながら撮影していました。


H20 初花見 with EF24-105mm
さてさて今日は家族で花見です。
妻の実家近くのお寺まで行ってきました。
既に満開のようで、多くの花見客でごったがえしてましたね。


2年目に突入したデジ一ライフですが、フライのように大変奥深く
難しいです。
実戦もさることながら、なんせ専門用語が耳に入ってこないんですよね。
困りました。

露出とかISOとか、う〜ん頭が痛くなってくる。
でも知っていると断然画の出来映えが変わってくるし(涙)

スローフィッシング


今日は寒いな〜
昨日までの暖かさが嘘みたいだ。

そんな日は家に引き蘢るのが好きです。
ぼけ〜っとするのもいいし、昔買ったフライフィッシャーのバックナンバーを
読みか返したりカメラの雑誌を読んだり。

でも何よりDVDが楽しい。
つい最近手に入れたのが佐藤成史さんの「スローフィッシング」
最初は写真撮ったりスローな感じがだが、途中から釣りまくりモードになっていく。
あのゆとりというか余裕感がとても羨ましい。
いつもベストとかに絡み付くラインやティペットに悩まされる自分だが、画面の中の
佐藤さんにそんな様子は見られない。
なんか全てを見方につけているようだ・・・
いつになったらああいう余裕が持てるのかな??
なんて事を考えながら鑑賞していました(涙)

釣行初め 2008/3/1 中津川水系


さて今年も解禁となりました!
待ちに待った3月1日の到来です。

今年最初の出撃地は神奈川県は中津川水系本谷川です。
朝3:30に出発し、途中神奈川在住の先輩をピックアップして現地に5:30到着。
既に周辺には複数の車と闇夜を蠢く人々(頭にヘッドライト灯けていたもので)。
車止めのゲート前に到着するも10台以上の車が停車しており止むなく5分ほど先のところに停車。
手早く身支度を済ませゲートへ向かうと中津川漁協の監視員の方がいてその場で遊漁券を購入。(少し手前のセブンイレブンで買えば1000円で済みます。)
監視員の方より『頑張って行ってらっしゃい。』との励ましを頂く。

この言葉に違和感を感じつつ川沿いに舗装された道路を上って行く。
中津川沿いに歩いて行くと本谷川にかかる最初の橋【瀬戸橋】が見えてきた。
そしてここで最初の間違いを犯す。
橋を渡って右に進むと塩水川で渡らなければ本谷川へ行ける。
あくまでも今回の目的地は本谷川だが間違えて右に進んでしまった。
歩く事1時間半、「あれ〜なんか地図で見てきたとこと違うな。」と思いつつどこか
「間違っているはずはない。」という思い込みがあった。
遂に舗装道路の終点に着いてしまった。
ふと左を見ると堂平登山道口と書かれた看板を発見。
「もしかしたらこれが本谷川につながる道か!?」と変な思い込みをしてしまった
私たちは釣竿片手に山登りを始めた。

よりによって今日は初の一眼レフ持参
重いのなんのって、途中から意識がもうろうとしてきて何度も滑落しそうになる。
500mくらい登ったあたりで先を行っていた先輩が座り込んでいる。
「ダメだ、もうやる気でね〜よ。」
「同感、もう歩けないね。」
とりあえず汗だくになっていたためウェーダーを脱ぎスウェットパンツを脱ぐ。
辺りはまだ雪が残っており少し風が吹くとまだ寒い。
急ぎウェーダーを履き直し登ってきた道を戻る。

ようやく瀬戸橋まで戻ってきたときにはすでに10:00・・・
5時半に着いたというのにいったい何しに着たんだろうと二人で落ち込んでいた時、
ふと瀬戸橋をよく見ると【本谷川】と書いてある。
「ウソ〜、最初から間違ってたわけ?」
「確かに車の割に右側の川にはほとんど人がいなかったよね?」
とそこに本谷川の上流から下ってくる人が数名。
「やっぱこっちだったんだ。とりあえず行ってみるか。」

本谷川にはいたるところに釣り人の姿が。
頭叩きにならないようなるべく上流へ向かう。
それにしても塩水川といい本谷川といい堰堤がめちゃくちゃ多い。
恐らく200m〜300m間隔くらいである。

「こんなに作ってなんの意味があるんだ?」
「単なる公共事業だろ?」
などと怒りをぶつける。

橋から500mくらい登ったあたりで入渓。
どうも水が少ないように感じる。
毛鉤に対する反応も全くない・・・(汗)
ボ◯◯の予感を感じつつ50mくらい先で餌釣りをしてる初老の方に話かけてみる。
「全然ダメだね。水が少ないよ。」との事。
ちょっと上流の方へ行ってみて投げてはみるがやっぱり反応なし。

妻とも約束していた昼の12:00が近づいてきたため止むなく納竿(泣)

今日はウィンストンのボロン2tのデビュー戦だったが残念。
二人肩を落としながら最初のゲートへ向かう。
ゲートでは漁協の方が遊漁券を持たないで入渓している人がいなか目をひからせている。
「どうだった?」
「全く釣れませんでしたし、魚の姿も見えませんでしたよ。」
「本谷川でしょ?おかしいな〜、橋の上で赤い帽子の人に会わなかった?」
「会いませんが・・・」
20尾くらい釣ってたよ、1尾だけイワナだったけど。」
「え!どこにそんないるんですか?」

などと私も先輩も目を白黒させてしまった。
いる事は確かなんだろう。
腕がなさすぎるのか、釣り上げられてしまったのか。
おそらく前者だ。

帰りの車の中、こうなったら徹底的に本谷川を攻略しよう。
何回も通ってポイントを探っていくしかないでしょ!と二人決意。
次の釣行はいつになるか分からないけど、本谷川のホームリバー計画のスタートです。

CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
天気予報

-天気予報コム-
カウンター
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.