• 2008.12.31 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Photoだけ引っ越し
以前使っていたエキサイトのブログですが、Photoだけそっちで続行する事と致しました。
あまり一つのブログでいろんな事を書くよりも整理したいなって思いまして。
ただそのうちごっちゃになっちゃうかも・・・
どうぞお付き合い下さい。

http://lovetrout.exblog.jp/
年末ジャンボ宝くじ
1等の2億円は13組の191717番。2等の1億円は2本。46組の123077番、11組の146858番みたいですよ!
皆さん当選していたら何に使いますか?
私は家買って車買ってカメラとレンズ買って、それと竿!ですね・・・
当たるわけないか(汗)
紅葉狩り
Nikon D80+Nikon 24-120mm 
Nikon D80
Nikon 24-120mm

久々の投稿です。
いつも見て頂いてありがとうございます。
本当に久しぶりです・・・

今週末は千葉の養老渓谷へ紅葉狩りへ出かけてきました。
家を10時に出たのですが現地に着いたの午後の3時。
高速の市原ICを出てすぐに渋滞(汗)
想像を絶する台数の車が集中していたようです。
結局現地に着いてから養老滝まで歩いて行く気にもなれず(昼飯も食えず子供もぐずっている)
結局車を停めたところでこの一枚だけ。
気(木)になった柿ですが、一つだけ干し柿みたいになってました。
干し柿好きなんですよね〜。

禁漁に入り、最近は専らカメラに趣味が集中しております。危険です。
デジタルもいいけどフィルムも面白そうだな〜なんて思ったり。
Leica(ライカ)がかなりきてます、きてます、きてます!!
M6あたりならなんとかなりそうかと貯金を始める決意をしました!
と言っても購入は早くて3月頃でしょうね。
またレポートします!
実りました!
 
今日はよく晴れました。
リビング脇のプランターを見ると表面が白くなっており、「お、乾燥しているな。」
と指を突っ込み確認。
さっそくペットボトルに水と液肥を入れ水やりの準備完了!
それぞれのプランターにたっぷりと水をやり、最後にキュウリのプランターへ。
株元へたっぷり水をかけ、虫はついていないか確認。
すると「ん?みかけない物体がぶら下がっている・・・(汗)」
なんと知らない間に実がなっていました。
感激です!!
たくさんなってくれるといいんですが。

家庭菜園
 
イタリアントマトに始まった我が家の家庭菜園ですが、遂にここまで拡張致しました!
狭いベランダですが、既に半分ほどプランターが占領しています。
今現在栽培中の野菜君は、パセリ/バジル/こまつな/ニンジン/ブロッコリー/カリフラワー/キュウリ/ネギの8種類です。
こまつな、にんじん、ネギは種からの栽培で、あとはホームセンターで苗を購入しました。


これがキュウリの花です。
キュウリには雄花と雌花があり、受粉しないことにはキュウリの実ができません。
栽培して初めて知りました・・・
今のところ雄花しか見当たりません(汗)

最近頭を悩ませているのがコイツラ!?です。
こんな虫は知らなかったです。
『ハモグリバエ』ってやつです。
葉の中にもぐりこみ、葉を食い荒らすハエの幼虫で、食い荒らした跡がこのように白くなる事から通称『エカキムシ』とも言われています。
けっこうひどくやられていたためオルトラン水和剤を買って来て散布しましたが、今のところ効果なし。根本にもオルトラン細粒を撒いておきました。

どうやらベト病にもかかっているようで・・・
こっちはビスダイセンを処方。効けばいいんだけど。


そんなキュウリ君と同じプランターで同居しているのがカリフラワーです。
こっちは特に被害もなく順調な成長を見せています。
予防措置としてオルトラン細粒と油カスを撒いておきました。


こっちは種を撒いてから2週間ほどのニンジンです。
可愛い芽がいっぱい生えてきました。

とりあえずしばらくはこのプランターで育て、定植の時期が来たらもう少し深さのあるプランターにお引っ越ししてもらいます。


こっちの可愛いのはコマツナです。
こちらも種を撒いてから2週間といったところです。
種を撒き過ぎたお陰て徒長しすぎたため、本日間引きを実施。


こっちもカリフラワーです。
先ほどのカリフラワーと同じ苗、同じ時期に植えたものです。
だいぶ成長速度が違うように見えますが、あえて通常の土で栽培するものと
永田農法で栽培するものとで分けてみました。

永田農法とは「排水性のよいところで(土)で、必要十分な量の水と肥料で育てる」事を基本とした栽培方法です。
たまたま寄った八重洲のブックセンターで本を見かけたのがキッカケです。
ネットで検索してもいっぱいヒットしますね。
最初はとまどいますが、慣れてくると土のものより手がかからないと思います。
ちなみに永田農法で使う土の代表格が『日向土』です。
見た目は小石ですね。最初は本当にこんなもので植物が育つのかと思いましたが、生命力ってすごいもんですよ。


↑土

↑日向土

続けざまにこちらはブロッコリーです。
見た目分かりにくいですが、やっぱり土の方が成長(葉の大きさ)が違うようです。
味とかについては未だ食べていないんで分かりません。
そのうち報告します。


最後が今日撒いたばかりのネギです。
シマシマ模様になっているのは、白いところが日向土で黒いところは普通の培養土となって
いるからです。
種から栽培する時にちょっと重さのある日向土では上手く芽がでない事があるようなので、
日向土のベースに溝を掘り、そこに種を撒いてから目土だけ培養土をかぶせました。
どちらにも永田農法の基本中の基本、『住友液肥』がたっぷり染み込ませてあります。
むしろ日向土は撥水性が強いので、バケツに300倍にうすめた液肥と水を2リットル入れてそこに日向土をドサッと入れてよくかき混ぜてから軽石を敷いたプランターに投入しております。

収穫は来年の夏前でしょうが、とにかく楽しみ。

これが『住友液肥』です。

ホームセンターでも販売しているところが多くなりました。
日向土だけは見当たらないのでネットで大量に発注しています。

CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
天気予報

-天気予報コム-
カウンター
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.